教習の流れ

免許取得までの流れ

取得できる免許の種類

教習のようす

入校説明・適正検査・走行学科

自動車を運転するために必要な基本操作・基本走行を習得します

AT車(12時限※最短)
MT車(15時限※最短)

※技能教習は一日2時間まで教習可能

運転者の心構えと交通法規などを学びます

学科教習(10時限)

②~⑩

【効果測定1】
第1段階の学科教習内容の理解度をみきわめるための測定(実力テスト)です。
※測定受験後に1段階技能のみきわめとなります。

【技能解説1】
技能検定(修了検定)等に必要な知識と検定中の課題・守るべき内容の解説です。1段階技能みきわめ前までに受講して下さい。

終了検定(技能)

仮免学科試験

「道路及び交通の状況を読みとり危険を予測した運転」と「他の交通に気配りをしながら法規に従った走行・自主経路・高速道路の運転」を勉強。

AT車(19時限※最短)
MT車(19時限※最短)

※技能教習は、一日、3時間まで受講可能です。但し連続では受けられませんのでご注意下さい。(複数教習を除く)

高速道路の走り方や、経路の設定、交通事故の防ぎ方や応急救護の方法、安全運転の知識などを学びます。

学科教習(16時限)

2~16

【効果測定2】
第2段階の学科教習内容の理解度をみきわめるための測定(実力テスト)です。
※測定受講後に2段階技能のみきわめとなります。

【技能解説2】
技能検定(卒業検定)等に必要な知識と検定中の課題・守るべき内容の解説です。
※2段階技能みきわめ前までに受講して下さい。

【模擬テスト】
学科教習の総合問題として測定して頂きます。なおこの模擬テストに合格されないと本試験は受験できませんのであらかじめご了承下さい。
※効果測定2が合格後に模擬テストを受講して頂きます。
※住民票が県外の方は受講は免除されます。

卒業検定(技能合格後)

※卒業証明証は1年間有効です。期間内に必ず受験して下さい。

※住民票が県外の方は、住所地の試験場で受験していただきます。

ページトップへ